情報

Audio & Music

PD-171, RS-212D, MC-Q30

B&W 804 D3 の試聴はこの2週間ほど続きました、「なんでだろう?」と思うほど。ご検討頂いているお客様にも週末お越し頂いたり、それからは「レコードで再生したい。」というご希望の方が2件続きました、これは結構珍しい。とは言え、嬉しいことなので早速準備しました、こちらのスペースではLINN DS 再生でのシンプルなシステムを組んでいましたが、これからはレコード再生も仲間入り。プレーヤーは以下のセットアップ。

LUXMAN PD-171AL:¥395,000
ortofon RS-212D:¥200,000
ortofon MC-Q30:¥95,000

LUXMAN PD-171AL に ortofon アームをセットアップするときはオルトフォン用のアームベースを別途準備、これは LUXMAN がしっかり準備しているので安心してください。オルトフォンカートリッジはQシリーズのトップエンドモデル「Q30」、このラインナップでは今まで使用されなかったボロンカンチレバーにシバタ針を採用した贅沢かつコストパフォーマンスの高いモデル、オルトフォンダイナミック型アームとのバランスが最高です。今回は「Mclntosh C2500 真空管プリアンプに内蔵のフォノアンプの性能を確かめたい。」というご希望でした、というのもすでに同モデルをご使用中でレコードプレーヤーの導入にまずは本体内蔵のフォノからスタートして、というお考えのようです。と、同時に検討中なスピーカーが B&W 804D3、このお客様が初めてご来店されたのは確か今年1月中旬ごろだったと思います。買い替えなど全く考えていない雰囲気でご来店されたのですが、他の試聴予約で鳴らしていた 804 D3 の再生に聴き入っていまして、どうやらそこから考えがスタートしてしまったようです。レコードプレーヤーは昨年末から導入を検討していたということで、どうせなら同じ時期に、という気持ちが固まっての試聴でした。

ピアノを主に聴かれているということで、ご希望に近いLPを複数ご用意して再生。

Mclntosh C2500 は天板に真空管がレイアウトされていますので、この真空管を眺めながら隣で回るレコードも眺めつつ、という繰り返し。しっかり試聴頂きましてカートリッジはどうするか、アームはこれで決まりですね、という流れでお部屋に設置するイメージもしっかり出来上がったようでした。

B&W 804 D3
¥1,520,000 (ピアノブラック/ペア)

 

お問い合わせ先
phone:03-3253-5555 (担当:柴田)
mail:shibata@dynamicaudio.co.jp