情報

Audio & Music

dsc03597

正式発売が開始されてご紹介の回数も増えてきた BOENICKE AUDIO 、ブックシェルフの「W5」が美しい Maple で到着、これは私の強いリクエストに応えて頂きました。今まで試聴していたモデルは「W5 SE」、先日ご紹介差し上げましたが BOENICKE AUDIO にはチューンナップの違いで「ノーマル」、「SE」、「SE+」と同型式で3モデルの展開があります。なので、フロアータイプの「W8」にも3タイプ。さて、ブックシェルフの「W5」は個人的にも非常に気に入っていたのですが、最初に国内に入荷したモデルが「W5 SE」だったのでそれしか聴いておらず、ノーマルモデルが気になって仕方がなかったのです。早くノーマルモデルを試聴したい、できれば Maple のボディーで聴きたい、というお願いがしつこかったのか希望通りの内容でフロアーに到着しました。

BOENICKE AUDIO W5
税別定価:¥800,000/pair
STAND
税別定価:¥65,000/pair

 

どうでしょうか、BOENICKE AUDIO W5 の Maple、美しいと思います。

「W5」はネットワークを使用した2way、背面にネットワークを使用しないツィーターがありますので正確には2way、3スピーカーとなります。そしてチューンナップした「W5 SE」になるとネットワークを使用せずフィルター1つで繋げている仕様となります。当初国内に入荷したモデルが「W5 SE」だったのでこのモデルの感触しかないままノーマルの「W5」を試聴したのですが、このスピーカーは基本的にすごく優秀だということがはっきり分かりました。確かに「W5 SE」の再生バランスは「W5」よりまとまりが良く、これだけ小さいサイズのキャビネットからの再生とは思えないくらい豊かな響きがあります。が、お互いに違いは確かにありますが「W5」の再生に何ら文句はありません。「W5」でも十分、求めるなら「W5 SE」を、と当たり前のご紹介になりますがこれが正直なところです。

どちらにしても、非常に魅力的なスピーカーであることに違いはありません。

dsc03606

 

製品のお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

ダイナミックオーディオ:柴田

 

 

製品などお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

 

 

3F information のコピー