情報

Audio & Music

DSC01326

LINN URIKA Ⅱ

先月に行った試聴会、LINN URIKA Ⅱ が魅せた新たなレコード再生の世界、確実にその瞬間がありました。レコードプレーヤーブランドがその体力を失い消えていく中にあって、生産を続ける事だけでもどれほど難しいことなのかはそれらを見ればはっきりと分かります。勿論、新しいブランドも立ち上がり、今ではまた少し賑やかになりつつあるレコードプレーヤー市場。LINN LP12 は生産を続けるだけでなく、レコード再生を取り巻くその時代の変化に関係なく常に製品をアップグレードしながら生産を続けています。トーンアーム、サブシャーシ、カートリッジ、フォノイコライザー、モーター、電源、とレコードプレーヤー(LP12)を形成する各パーツは全て進化しています、細かく言えばフォノケーブルやLP12のキャビネット内部の剛性まで。生産を続けることでしか見ることができないものがあるのだと思います。各パーツのアップグレードはまさにそういったリズムの中で生まれてきたもの、なかでも5年前くらいでしょうか、DCモーター(RADIKAL)へのアップグレードが発表され実際に試聴した時の体がザワッとした感触を今でも覚えています。どのブランドも成し得なかった40年以上に渡る生産とアップグレードを続けながら唯一デザインの変わらないキャビネットでその全てを隠し、何もなかったように手元で静かに回り続けるプレーヤーの佇まいは長年のファン、今日からのユーザー全てが変わらず手にすることができるプレゼントではないでしょうか。

DSC01369

今回の URIKA Ⅱ もそれらの流れの中で必然的に生まれたものかも知れません。またもやキャビネットの中に隠れてしまうその革新的な技術とパフォーマンス、針を落として、また上げてを繰り返すうちにその隠れた姿を目の前の音と重ねる事で興奮が止まりません。

フロアー展示製品もセットアップが完了しています、ご試聴お待ち致しております。

柴田

お問い合わせ先
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田

 

newakurate Sheet1のコピー