情報

Audio & Music

DSC02150
Sonus faber AIDA

世田谷区の一室に納品させて頂いた Sous faber AIDA、このサイズとしては異例の搬入経路を取ることになり心配が尽きませんでしたが当日は何事も無くスムーズに進みました、さすがは信頼の池田ピアノ運送(ありがとうございます)。部屋に搬入され白壁にそびえ立つ姿を見ているだけでも胸踊る風景。大型のスピーカーをいくつか検討頂いて最終的に「行けそうだ」と判断されたのが AIDA でした、パフォーマンスに文句無し、生涯連れ添うスピーカーとなって良い最高級品。その時「リア用にどうかなと考えていて」という言葉を聞いて返答に一瞬言葉が遅れてしまったのは仕方ないとしても、確かにフロントにはお気に入りのスピーカーが数年前から鎮座しているのだからこれが移動する訳がない、とすぐに納得したのです。「AIDA がリア用か。。」と、こんな贅沢な使い方もあるのだと思いながら、当初バッハのミサ曲(オルガン)を、ステレオ再生とは別に擬似再生でも良いのでリアスピーカーを加えたらどのような世界が見えるのかと考え始めたのがきっかけだと話してくれました。勿論、マルチ再生は専用録音されたソフトで今後しっかり再生するとして、さらに映画もこのシステムなら最高の時間を味わえるはず。

DSC02154

DSC02157

DSC02166
フロントには Wilson Auido Maxx-series3、これに任せたい音があるというだけでもシステムがどれほど強固に見えてくるでしょうか。フロントを眺めると CH Precision D1 と L1 が静かに設置してあるだけでパワーアンプは見えませんが、ラックの背面に Constellation Centour mono がさらにひっそりと隠れるように設置してあります。このパワーアンプもいくつかの候補から念入りに選び出したもの。リア用にゴールドムンドのステレオパワーアンプをご用意頂いて、Sonus faber AIDA の結線も無事完了。マルチ録音ソフトや映像系のソフトはまだ準備がないので冒頭のステレオ録音を再生してみます、不思議なものでリアからの音声がさり気なく加わったその音像世界はふかふかのソファーに沈み込んだ体が更に深く落ちていくような感覚で騙されてるのかと思うくらい録音のその場にいるような感覚になっていました。ステレオ録音された再生は当然ステレオ再生すれば良いですし、無理に擬似を作り出すと崩れてしまうものが多くあるのも分かっていますが今回のそれは違いました。最近感じていない新鮮な感触を耳に、体に染み込ませたようで帰りの車の中でもその余韻は長く続いていました。

システムが落ち着いた頃、今度はマルチ再生やサラウンド再生も含めてこのシステムの魅せる世界を体験させて頂くことをお約束して、無事ご納品完了とさせて頂きました。次回の訪問がとても楽しみです、M様ありがとうございました。

柴田

 

お問い合わせ先
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田 (shibata@dynamicaudio.co.jp)

newakurate Sheet1のコピー