情報

Audio & Music

DSC00727
営業再開しました

とは言っても、通常ではなく短縮営業となります。スタッフ体制もできるだけ調整し必要最低限としております、是非ネットを活用してご利用ください。電話、メールでのお問い合わせをお待ちしております。

■ 当面の間の営業時間:11:00〜19:00

■ 各フロアーの営業体制に関して
感染リスク抑制のため、各フロアーごとに営業日の変更を行う可能性があります。スケジュールは今後の状況によりフロアー担当者が検討し皆様のご希望を極力実現できるように変則シフトによりましてフロアーごとの営業体制を取らせて頂きます。各フロアーの営業体制につきましては弊社からのweb、SNS、メールマガジンなどによる情報発信にご注意頂ければと思います。是非、各フロアーにお問い合わせの上でご利用頂けますようお願い致します。

■ 店頭における試聴に関して
スタッフ体制につきましても状況に応じて調整しておりますが、できる限りお客様のご要望にお応えできるようご対応いたします。複数のお客様が同時刻に重なることを防ぐためにも店頭でのご試聴につきましては事前予約をお願い致します。

 

ここからは私の過ごした在宅時間の話です、特にマジメに読んだいただく必要はありません(笑

在宅時間が増えるほど当初は考えなかったことや気持ちが湧いてくるものですね。休業期間中は私も音楽聴き放題といきたいところでしたが、そればかりですとさすがに家での存在を疑われるので、今回は思いっきり家事を手伝ってみました。私の家には1歳半になる子供がいるので基本的には子供のお守りが今回のそれに当たります。朝から晩まで泣き叫び笑い(愉快に)暴れる子供のアレコレを時間の許す限りやってみて(というか疲れ果てて眠るまで)、当たり前のことですが母の偉大さを痛感する毎日でした。仕事をしている通常サイクルでももちろん出来ることはやっているつもりでしたが、気づいた時に少しだけという手伝いは今思うと微々たるもの。それでも「助かっている」と言ってもらえる家人の心の広さにはしっかりお礼を言っておかなければいけません。さて、でも音楽は聴きたいじゃないですか。どうやって時間を確保するかと言えば、朝であれば子供が起きる6時より早い時間、昼寝の時間、それから夜。夜ならたっぷり時間があると思う方は油断しています、一日中の嵐のような子守を終えて風呂に一緒に入り寝かしつけていると自分もうっかり完全に寝てしまいます。これよくあることですよね。子供は寝るのが早いですから、ちょっと油断して一緒に寝てしまう時間が長くなりバッと起きたら夜中の2時とか。さすがにこの時間から部屋を移動してもチャイコフスキーの交響曲第6番に針は落とせません。ならば朝、5時くらいに起きて1時間ほど。これも自分だけどうやって希望時間に起きる事ができるか難しいので外します。となるとやはり昼寝の時間がマトモに確保できる自由時間となりまして、しっかり昼寝してもらうにはしっかり遊ばせる(疲れさせる)ことが絶対条件、こちらも意地になって相手をします。13時くらいがひとつの山場でしょうか、子供の目が少しショボンとしてきたらお昼寝の時間がまもなくというサイン。うまくいけばそこから30分ほどで寝入るのでコチラとしては失敗が許されません、お互い探り合いの緊張感が続きますがそこは40数年の経験値が少しだけアドバンテージとなりまして、あっけなく勝敗はつくことになります。

L1002954ようやく手にした自由時間、子供の昼寝は時間を約束してくれるものではありませんが約2時間、ようやくゆっくり音楽を聴く時間が巡ってきました。ミンツ、シノーポリとフィルハーモニア管弦楽団でのベートーヴェン、ヴァイオリン協奏曲ロマンスの1番と2番 (DGG 423-064-1)、これがこんなにも美しい音色で体に染み込んできたのは久しぶりのこと。陽の光もいっぱいに部屋に差し込む中、午前中の疲れが体から少しずつ消えていくような開放感。あやうく瞼が閉じそうになるのを必死で我慢、最後まで満喫しました。まだ時間はありますから次の盤を選ばなくては、体もほぐれてきたところで Out Of The Afternoon / Roy Heynes Quartet (Impulse! AS-23)。良いタイミングで巡り会ったローランド・カークがいつになく良く歌う Moon Ray からスタート、軽快で正確さをびっちり魅せるようなロイ・ヘインズに絡みつくフラナガンのピアノ、走りそうで走り過ぎないヘンリー・グライムスのウッドベースでどの演奏も秀逸。あっという間にB面最終の Some Other Spring まで進み、ここでのフラナガンのピアノの心地良さは必聴もの。最後にこんな素敵な曲を添えるところもこのアルバムを際立たせるひとつ。珈琲を淹れ直す頃にはそろそろ自由時間の終わる香りとしてよい頃合いかもしれません、後半戦に向けて再度暴れ馬と戦う気持ちを高めておきましょう。前半の乱打戦もハーフタイムの名演奏でスッキリどこかへ飛んでいきましたし、充電完了という事で準備万端。がしかし、相手も昼寝してHPが満タンに回復してまして、さらに後半戦の方が敵はナゼか手強いんですよね。。。

という日々を10日間ほど続けてみたところ、やっぱり体はどっと疲れていました。。。慣れないことと言えばそれまでですが、そこでの音楽の時間は本当に有り難かった。珈琲もいつもの倍はウマイ、ついでにケーキも。この仕事をエンドレスに続ける母はやはり強く偉大です。感謝、感謝。

皆様の在宅時間にも音楽は流れているかと思います、その中でもとびっきりの時間を過ごしてもらうお手伝いができれば、きっと今までにない素敵な時間になるかと思います。

柴田

 

 

お問い合わせ先
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田 (shibata@dynamicaudio.co.jp)

newakurate Sheet1のコピー