情報

Audio & Music

AKURATE 212 & EXAKT system

LINN EXAKT スピーカーの再生パフォーマンスは自身のフロアー展示や試聴会、お客様への納品などで何度も何度も体験するのですが、過去製品(スピーカー)の EXAKT 再生をまともにフロアーで聴いたのはこれが初めてかも知れません。マルチウェイスピーカーのユニットをアンプと直結して再生を行う LINN AKTIV システムはそれこそ随分前から用意されていました。チャンネルデバイダーを用意し各ユニット分のアンプも用意して準備を行う所謂スタンダードなものではなく、各スピーカー、ユニット専用に帯域分割の専用モジュールを用意しこれをアンプ内部に組み込むことで使用スピーカー専用のマルチチャンネルシステムが完成する仕組み。LINN にはサラウンドシステムにもコンパクトに対応できるマルチチャンネルアンプのラインアップがあり、このパワーアンプ内部に専用モジュールを組み込む事でチャンネルデバイダーやその接続に必要なマルチチャンネル分のケーブルが別途増えたりする事がありません。

アナログ伝送で行っていた今までのAKTIVシステムだけでも十分に驚くほどのパフォーマンスを魅せていましたが、EXAKT システムが登場しデジタル処理を効果的に落とし込む事で更に格段高い音質の世界を魅せてくれます。純粋な EXAKT システムはスピーカーユニットの直前までほぼ全てがデジタル伝送ですが、過去のスピーカーにも EXAKT 処理を落とし込めるのが LINN 製品の素晴らしいところです。AKURATE 212 は当時非常に人気があり現在でもご使用の方が多いスピーカーでもあります、ブックシェルフサイズで4wayというユニット数を持っているのでマルチチャンネル再生を組み上げると大きく化けるスピーカー。これが現在の EXAKT システム、デジタルクロスオーバー、Katalyst DAC でのマルチチャンネル信号処理を行なっての再生となるのですから驚きのパフォーマンスとなります。しかも LINN DS に EXAKTBOX-I を1台用意して完成してしまうシンプルさ。10年以上前のスピーカーとは到底思えないフレッシュな再生を聴かせます。

ラックの下段が EXAKTBOX-I、お手持ちの LINN DS 背面に Exakt Link が装備されていれば Exakt Link ケーブル1本で接続するのみです。この EXAKTBOX-I は8chありますので4wayの AKURATE 212 にはぴったりの組み合わせとなります、接続が終われば AKURATE 212 用のクロスオーバーネットワークを EXAKTBOX-I に落とし込んで準備完了というシンプルさ。ここから更にスペースオプティマイゼーションなど設定していけば恐ろしいほど再生能力が上がっていきますが、その前に軽く再生しただけでも溜息が出てくるような静寂感、粒立ちと鮮度の高い音。データ再生だけにしようと思っていましたが、あまりに素晴らしいので追ってレコードも再生できるようにしようと思います。

お問い合わせ先
phone:03-3253-5555 (担当:柴田)
mail:shibata@dynamicaudio.co.jp