情報

Audio & Music

DSCF1107

Franco Serblin Ktema

Sonus faber IL Cremonese の再生期間を完了し、現在は Franco Serblin Ktema に入れ替えました。IL Cremonese の存在感ある悠々とした直線美から一転、曲線美を纏った Ktema に変わると同じ場所から眺める景色がこうも異なるものかと思います。

DSCF1092

フロントバッフルは細く、その面に中高域ユニットを配します。ウーファーユニットは本体内背面に向いて2基設置され、フロントからその美しい曲線で広がったゆるやかにラウンドする背板を利用して調整された左右のスリットから流れ出てくる仕組み。決して大きくないこのサイズをして再生の音に驚かれる方が多いのは、その豊かな表現と歌うような心地良さを味わえるのは Franco Serblin の魔法が、ではなくそのユニット配置の仕組みやキャビネット構造の秘密であると思います。IL Cremonese が力強く下へ落ちる滝のような生命力を魅せるとすれば、Ktema はその流れを遡った先の静かに湧き出る源流を汲み取るような感触かも知れません。

DSCF1088

DSCF1113

スピーカーをつくり続けた職人の最後の作品、この作品が生き続ける以上これからも音楽とともにその魔法をかけ続けてくれるのだと思います。

ダイナミックオーディオ:柴田

 

製品などお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

 

 

3F information のコピー