NAGRA

DSC_4757

NAGRA Classic Pre & Amp

NAGRA Classic Preamp は前作の JAZZ からアップデートされた製品となります。真空管プリアンプという事に変更はありませんが、電源部の本体格納というデザインは今までのものより奥行きが長くなっています。それでも「小型」という面では相変わらず素敵なサイズとして仕上がっているので NAGRA というブランドが他にない特別なものである事が際立っています。同時期に発売されたパワーアンプ Classic Amp もその奥行きサイズと合わせてあるので、これまで通りプリとパワーを重ねてレイアウトするという小型製品特有のレイアウトも美しく完成します。メーターでステレオ信号の状況が2本の針で動作する様子を眺めているだけでも楽しい時間ですが、100W/ch(8Ω)というスペックだけで想像するドライブ力を遥かに裏切って心地良い鳴りを聴かせてくれるところがまたニクいところ。

DSC_4774

Classic Amp のフロントには電源とメーターのみ、パワーアンプに必要なのはそれくらいなのでこれは特別な事ではありませんがツマミやデザインの細かい仕上がりまで思わず近づいて眺めてしまうほど美しい。無信号が一定時間経過するとスタンバイモードに切り替わる AUTO 設定も親切でありがたい。シンプルなフロントとは別に背面には入力切り替えやバイアンプ、ブリッジ設定の切り替えも用意があり、Classic Amp をもう一台追加したくなる装備が充実しています。Classic Preamp も同様にボリュームツマミやメーター、電源ツマミなどは今までの NAGRA で使用されているもの、この感触が NAGRA を使用していると感じさせてくれる大きなひとつ、だからリモコンは付属しているのですがわざわざ本体のツマミで切り替えやボリューム調整をやりたいのです。

DSC_4732

NAGRA の真空管プリアンプは電源をONにしてから立ち上がるまでのウェイティングタイムが結構長く設定されています。他ブランドの真空管プリアンプより長いので、「そろそろ立ち上がるかな」という感覚で身構えているコチラの気分を優しく裏切ってくれます。部屋の明かりをいつもより落として、メーターの明かりと「Heating」の表示を眺めながら準備完了を待つ時間のワクワク感が、これぞ NAGRA なのだと。

ダイナミックオーディオ3F:柴田

 

中古品、お得なプライスの製品リストは下記よりご覧ください。
USED & SALE

 

製品のお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

 

 

$S.A.HALLのブログ
LINN LP12、DSのセットアップはお任せください。
製品へのご質問、お問い合わせもお気軽にお寄せください。

当ブログに掲載しました特価品、中古品などのご成約、商談中などへの表記変更は基本的には致しておりません。最新情報は「USED & SALE」ページにてご確認ください(更新内容は数日前後する場合もございます)。ご不明な場合は直接担当:柴田までお問い合わせをお願い致します。

ソフトの紹介は「こちら」で地味に継続中。

3Fの情報は「3FのHP」からご覧ください。

ダイナミックオーディオ5555 -3F-
Phone.03-3253-5555
担当:柴田
mail:shibata@dynamicaudio.co.jp