情報

Audio & Music

DSC_5972

Trav’lin’ Light / The Jimmy Giuffre 3 -Altantic 1282-

タイトルからするに旅先のモーテルの狭い部屋で片寄せ合ってちょいと一曲、みたいな雰囲気のジャケットが憎いほどステキ。ジャケットではクラリネットを吹くジミー・ジェフリーが当時で37才、バルブトロンボーンはボブ・ブルックマイヤー、ギターはジム・ホールで29才と28才、どちらも若いですね。’58年当時こんなにも洒落た演奏を残しているなんてこのレコードを手にするまで知る由もなく、当然ジミー・ジェフリーを知ることもありませんでした。アルバムではテナー、バリトンも演っていますが、ブルックマイヤーとの2管の絡みにそっと添えられるジム・ホールのギターの音色に聴き惚れているとあっという間にA面は終わってしまう。B面に針を落として最後の California Here I Come が終わる頃には頭の中で普段使っていない筋肉がほぐれたように絡まっていたものがスッと解けていくようで、洒落た演奏なんて言ったことを後悔するほど3人の見事な丁々発止を堪能し、遊び心と探究心の強さと深さを見せつけられるようです。

ダイナミックオーディオ:柴田

 

 

3F information のコピー