情報

Audio & Music

DSC00364
The Blue Notebooks / Max Richter

「戦場でワルツを」で知ったマックス・リヒター、映画そのものも観たあと数日は息苦しいなんとも言えない気持ちになるけれど、それにも音楽は随分と効果的に使われていると思います。それから作品を追いかけるようになって有難いことに適宜レコードもプレスしてくれるのです。傑作だったオリジナルから15周年記念盤となったこのプレスは特に気に入っていて、観るとその印象を音楽で植え付けられる「メッセージ」でのオープニングとエンドの楽曲それぞれ、改めて針を落とすと映像が後から追いかけてくるよう。メッセージでの中間楽曲は残念ながら昨年亡くなったヨハン・ヨハンソンも入れていて、最近だと「ボーダーライン」のソレとか、あの独特な雰囲気が音で頭に焼き付いてしまう。数日前は半袖と短パン、サンダルで汗だくになっていたのにそんなの無かったようにヒンヤリ梅雨空となりました、雲行きも頭の中のモヤモヤも楽しんでしまえるこれからの時期に針を落とす一枚としては最有力です。

柴田

 

 

newakurate Sheet1のコピー