情報

Audio & Music

Courante 2.0

国内展開を始めた当初から気を惹かれるスピーカーのひとつでした Bayz Audio Courante 2.0、少し前からメインスペースで再生しています。このようなスピーカーこそ雑誌やWEBの画像や見た目だけでは判断できない音の魅力があるのだと、まだ短い時間ではありますが実際に再生しながら改めて思う事が多いものです。

設置が終わった日の閉店後に一曲だけと思い George Szell, The Cleveland Orchestra / Szell Conducts Wagner からリエンツィを再生した時の驚きは久しぶりに思わず声の出るような体験でした。冒頭のトランペットから弱音でも重厚な響きが表れるとスピーカーからではなく辺り一面に溢れるオーケストラの演奏と存在感。全方位スピーカーと聞いて想像されるような曖昧さや、こういうスピーカーは雰囲気を楽しむものだと思わされる風潮があるとすれば、それらが全て必要のない情報だという事が良く分かります。むしろ再生する楽曲が増えれば増えるほど、非常に優れたスピーカーなのだと体感するばかりです。

しばらくの期間はフロアーで再生しています。

お問い合わせ先
phone:03-3253-5555 (担当:柴田)
mail:shibata@dynamicaudio.jp