情報

Audio & Music

DSC_4897

Constellation Audio STEREO 1.0

ドリームチームでの製品開発をコンセプトに各ラインナップが彩られている Constellation Audio 。ひとつ挙げるとすれば、リファレンスフォノアン「PERSEUS」は ML での JC-1 や JC-2 のジョン・カールが携わっていることでも注目されその完成度に長らくのファンからも称賛の声が上がっていたりする。その他の製品も同様に分野に長けたチームでの製品開発によってハイクオリティーな製品を静かに生み出し続けています。パフォーマンスの強力さとは異なりどの製品も外観は落ち着きのある仕上げとなっていて、電源を入れその音を実際に体験した時のギャップを楽しんで欲しいかのように見えたりもします。佇まいを静とするなら再生が動、そのバランスを楽しんでいるかのようにも見えなんとも恐ろしい製品だとも思います。

DSC_4903

いくつかのラインナップが用意されている中、現在フロアーではステレオパワーアンプの「STEREO 1.0」を再生しています。Constellation  Audio の中でこちらのパワーアンプはエントリークラスに位置付けられるところで、上位クラスのパワーアンプに比べ25kgという重みは決して軽くはないけれども重すぎるものでもなく扱いやすさを感じます。しかし、フルバランス構成というのは上位クラスと同様で200W/ch(8Ω)という数値からも驚くほどのスペックではないと思いきや実際の再生ではしっかり驚かされる力感と抜けの良さを味わえます。

DSC_4886

聴けば聞くほど徹して飾らない表現に思えてくるほど。金管楽器のビリつきまで容赦なく聴かせてくれるようで大編成の楽曲などを再生するとそれがよく分かります。数週間前に  Handyland U.S.A / George Handy のオリジナル盤LP(モノラル)を手元に迎えた偶然もあり、それからというものA面1曲目の Recoil が毎朝、寝る前の1曲になっていたのですがフロアーで聴くその曲が最も生き生きしているのがこのパワーアンプに変更した時でした。当然、その期間に繋いだアンプは少ないので比べる範囲が狭いのですが、VIVID Audio GIYA G2 S2 からはアルトやテナー、バリトンやトロンボーンが何とも熱気に溢れて聴こえてくるのです。こんな再生が聴けるパワーアンプをエントリークラスに位置付ける Constellation Audio の底の深さを垣間見たというか、少し薄らいでいた上位機種の音を今一度聴きたくなってしまいました。

DSC_4900

 

 

お問い合わせ先
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:shibata@dynamicaudio.jp