情報

Audio & Music

DSC_5986

“Mozart; Violin Concertos” Anne-Sophie Mutter, Berlin Philharmonic, Herbert von Karajan

数年前のこと、時々お邪魔させてもらうジャズ喫茶がありその時は一泊する予定で新幹線に乗り向かった。初日にお邪魔した時はこれでもかというくらいジャズを聴かせてもらい、毎度の事ですがお腹一杯というか体一杯、抱えきれない音でクラクラのまま「それではまた明日来ます。」と伝えてお店を後に。近くで一泊して翌朝、午前中は昨夜からだ一杯に浴びたジャズを少し整理するために何時間か散歩をすることに。川沿いの少し冷たい風がうまいこと頭も冷やしてくれたようで、「それでは本日も」という事でお店のオープンした頃を見計らって席につきコーヒーを淹れてもらい、まだ整理の済んでいない昨夜の盤の数々を頭の中で巡らせている間にかかっていたのがこの一枚。

何度も聴いている盤なのに初めて聴いたような感覚に落ちる時が稀にあります、自宅のシステム以外のオーディオから再生される事で多少の変化はあるもののさすがに初めて聴いた感触までいくなんてことはそうそうないけれど。その日は美味しいコーヒーを飲みながら、なんて心地良い演奏なんだろうと、そのヴァイオリン協奏曲第3番を最後まで聴いた。演奏の終わった盤をマスターが手にとって「でもさ、若い頃の演奏はねぇ、なかなかイイもんだよな。」と言ってそのジャケットを僕のとなりに置いてびっくり、思えば数日前にも自宅で聴いていた盤がかかっていたとは。油断大敵。それからというもの、いつかあんな音で聴いてみたいと思いながら気持ちを入れ替え相当な頻度で自宅でも再生していますが、当然そんなことは叶いませんよね。1978年録音、ムター当時15才の演奏、皆さんも今一度再生してみてはいかがですか。

 

ダイナミックオーディオ:柴田

 

 

3F information のコピー