情報

Audio & Music

DSC_6050

(Parenthèses…) / Francoise Hardy

夜の静かな時や休日のちょっとした時間に再生する事の多い一枚。フランス語の響きそれだけに惹かれて聴いていた何年も前から少しずつ慣れてきて、好きな曲の歌詞をなんとかして調べたりを繰り返していつのまにか随分時間が経っていたように思います。フランス映画はたくさんあるけれどマイルス・デイヴィスが音楽を付けた「死刑台のエレベーター」はすぐに絵の浮かぶジャンヌ・モローの寂しげな表情が印象深く、比較的新しいものでは映画館で観て以降の「ぼくを探しに」もリピートが続いています。たまに再生するアルディのアルバムはそのせいもあってか妙に心地良く鳴って、他のアルバムもと思いCDのみだった音源がようやくLP化していく事もあって少しづつ手元に増えていくのでした。60年代のアルバムの数々はそれこそ大好きで、ジャケットに映るアルディーの佇まいや表情だけでも美しく眺めて良し、聴いて良しという素敵な時間が過ごせるありがたいものです。

この一枚もCDのみだった音源が初LP化したもの、デュエット曲のアルバムがまたため息の出る仕上がりです。ぼくを探しに、も主人公(男子)を取り巻く祖母姉妹やマダム・プルーストの女優陣がそれはそれは魅力的なのです。

ダイナミックオーディオ:柴田

 

 

3F information のコピー