情報

Audio & Music

DSC00896

Constellation TAURUS mono

先日お知らせしました Wilson Benesch The Cardinal 、フロアーに到着して約一ヶ月ほど経過したでしょうか。毎日再生する訳にはいかないので実質再生時間、日数としてはそれより少ないのですが到着時より見えてきた事はいくつかあります。まずはハンドリングに関して、これは120kg/1本ある本体自体のハンドリング、ではなく再生についての感触のことで、当初様子を見ようとフロアーにあるパワーアンプをいくつか組み合わせてみましたがそっけないものでした。悪くはない、というだけのもので The Cardinal が持つパフォーマンスの扉を開けてくれているようには感じませんでした。これだけの剛性のあるキャビネットにユニット数、アイソバリック方式のウーファー、これらを瞬時に動作させグリップするハンドリングのあるパワーアンプを組み合わせてみたいと思い選んだのが Constellation Auido。

DSC00879

Revelation Series とされた新製品はその名の通り何を新たに魅せてくれるのか興味もありますが、Taurus mono は同型式の Stereo を贅沢にモノラル化したもの。The Cardinal に組み合わせるとすればこれくらいの贅沢を抱えた仕上がりが決してオーバースペックにはならないと思えるのです。早速 The Cardinal との接続を完了しそれまでに再生していた曲をいくつか、特に楽器数の多いものを記憶が鮮明なうちに再生して見ることに。昨年末に発売されたバーンスタイン/ウィーンフィルのベートーヴェン交響曲全集、192/24リマスター盤から第5番(77年録音)、話が少し戻りますが基本的なスピーカーのサウンドステージは左右のスピーカーに3.5mほどの距離をとったその空間にびっしりと音が詰まる優雅さとゆとりが溢れていて、流石にこういったサイズのものでしか魅せることのできない特別な世界。ただし、耳が慣れてくると怖いものでハンドリングに少し足りていないと思わせる角の立つ音や曲中沈み込んで欲しい低音部の軽さが出てきたりと、贅沢な感覚と言えばそうなのですが、The Cardinal はもっと鳴る様子を漂わせているだけに気持ちにも欲が出てしまうのです。

DSC00560

Taurus mono に変更してからは予想通りというか気になっていた感触がスーと喉を通っていくように無くなります。オーケストラのうねりが目の前でその様子を変化させていく感触を感じる、というより感じさせられるというほどに見せつけられます。これならと思い、アンプを変更する前には針を落とすのに躊躇っていたつい先日発売の同演奏のLP BOX、これにも期待を持って針を落とせることに。いくつか曲を再生しようと思っていたのですが、あまりの迫力と目の前の演奏に圧倒されてリマスター盤のデジタルとレコード、これを交互に聴き入ってしまいました。The Cardinal が鳴り始めた瞬間を見れたようで、これからまた先の時間が楽しみでなりません。

柴田

 

Constellation Audio TAURUS mono
¥5,400,000/pair

 

お問い合わせ先
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田

 

newakurate Sheet1のコピー