情報

Audio & Music

DSC_3474

ortofon SPU #1

レコードをある程度お楽しみ頂いていると、カートリッジへの興味が高くなってきます。カートリッジに興味が高くなりレコードプレーヤーを新調するという方もいるので、アームの先端の小さな針には余程その魅力が高いのでしょう。私が自宅で使用している LINN LP12 には同じく LINN のアームを組み合わせています、LINN のアームはヘッドシェルが取替えできるユニバーサルモデルではなく、さらにヘッドシェルのサイズにも然程余裕がないため様々なカートリッジを選び取り付けるという事には制限があります。その代わりに、ある程度取り付けるカートリッジを制限する事でその仕様範囲でのパフォーマンスを格段に高く設定する事ができます。LINN AKIVA を針交換をしながら長らく愛用してきましたが、心機一転 KANDID にアップデートしました。店頭でも様々なカートリッジを再生し自宅でも楽しんでいますが、それでもカートリッジの魅力は底を見る事がありません。盤に針を落とした瞬間から思わず針先とレコードの交わる一点を眺めてしまうのは、高校生の時から変わらない癖のひとつです。

DSC_3472

ortofon SPU というのはMCカートリッジの原器とされ、現在発売されている MCカートリッジのほとんどが SPU の構造をベースにしています。写真にもありますGシェルは当初このキャビネットの中に小さなトランスを積んでいました、そのためにこのサイズが必要だったという事もあります。現在トランスはありませんがこのデザインが今日まで受け継がれ SPU という型式とこのフォルム、サウンドが生き続けているのです。現在 SPU にも様々なバリエーションがありますが最も新しい製品として「SPU #1」があります、SPU バリエーションの中で価格も最も安く発売当初は入荷が追いつかないほどの人気でした。開発したヨハンセン氏の気持ち通り、かつての SPU サウンド、太く豊かな低域とエネルギッシュで芯のある中域という音が聴ける仕上がりになっています。確かに SPU が全て同じ方向を向いて新しい音を聴かせてくれることより、オールドモデルの SPU のような音を楽しむことができる製品も必要ですからね。

DSC_3475

キャビネットの素材選びにもそのような狙いがありロゴの字体も含め SPU #1 製品自体の仕上がりもそのようになっています。カートリッジを選ぶ中で SPU は必ず視野に入るもので、ただし取り付けるアームやウェイトの条件があるのでそこは要注意ですが、一度は使用したいカートリッジですね。実は私も LP12 をカスタムして SPU が再生できるようにしているのですが、針圧を4gまでジワっとかけて SPU のフックに指を乗せた時の重量感、その感触がもうたまらないのです。

ダイナミックオーディオ3F:柴田

 

 

LINN2017 Sheet1(ドラッグされました) のコピー

ブック2 Sheet1 のコピー

 

製品のお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

 

中古品、お得なプライスの製品リストは下記よりご覧ください。
USED & SALE

 

製品のお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

 

$S.A.HALLのブログ
LINN LP12、DSのセットアップはお任せください。
製品へのご質問、お問い合わせもお気軽にお寄せください。

当ブログに掲載しました特価品、中古品などのご成約、商談中などへの表記変更は基本的には致しておりません。最新情報は「USED & SALE」ページにてご確認ください(更新内容は数日前後する場合もございます)。ご不明な場合は直接担当:柴田までお問い合わせをお願い致します。

ソフトの紹介は「こちら」で地味に継続中。

3Fの情報は「3FのHP」からご覧ください。

ダイナミックオーディオ5555 -3F-
Phone.03-3253-5555
担当:柴田
mail:shibata@dynamicaudio.co.jp