情報

Audio & Music

DSC_3803

Burmester 099 & 036

BOENICKE Audio へのお問い合わせが非常に多くなりました。どこかで NBOENICKE Audio をご覧頂いたり試聴された事でこのスピーカーに興味を持たれて検索された結果、このブログでの製品紹介ページに辿り着いた方が多いようです。BOENICKE Audio は常設店舗が少ないのでなかなか試聴するタイミングというのは難しいかもしれません、それでも興味を持って頂ける事は大変嬉しいのです。

現在は W8 SE を再生しています、少し前に W8 SE を Mark Levinson No585 で再生した時の感触の良さを書き残しておきました。それからしばらくはその音が気に入ってシステムを変更せず再生を続けていましたが、フロアー内の別のシステムを変更するにあたり W8 SE に組み合わせてみたかった製品がうまく空いたので早速準備してみました。製品は Burmester 099 & 036 、099 はDAC内蔵のプリアンプ、これに 036 のパワーアンプとなります。以前、Burmester のプリメインアンプ 101 と BOENICKE Audio ブックシェルフ W5 を組み合わせた音の素晴らしさが印象的で記憶にずっと残っていました。今回は BOENICKE Audio もフロアタイプの W8 SE なのでプリメインアンプよりセパレートでのバランスにしてそのパフォーマンスをみてみたいと思ったのです。

DSC_3801

やはりプリメインアンプ 101 と W5 での組み合わせの時と印象は変わりませんでした、印象が変わらなかったというのは嬉しいという意味ですが、W8 SE での再生はボトムの伸びやかさと量感、小音量でのバランスの良さが格段に増しているという点でパフォーマンスとしては大きく変化しています。BOENICKE Audio と Burmester のお互いのキャラクターが合っているように思えるのですが、とても自然に聴かせてくれるシステム。一日中聴いていても飽きのこない音が楽しめるので、末長くご愛用頂けると思います。

ダイナミックオーディオ:柴田

 

 

製品などお問い合わせは
電話:03-3253-5555 (担当:柴田)
メール:柴田
にてお気軽にお問い合わせください。

 

 

3F information のコピー